一般社団法人設立パートナーズ兵庫

兵庫県、大阪府の一般社団法人設立は起業支援・法人設立専門の当事務所がサポートさせていただきます

お役立ち情報

一般社団法人の社員総会

投稿日:

社員総会とは

一般社団法人の「社員総会」は、一般社団法人を構成する社員で開催される、株式会社の「株主総会」にあたるものです。
社員総会は一般社団法人の最高意思決定機関であり、法人を運営する上で毎年1回必ず開催する必要があります。これは「定時社員総会」と呼ばれます。
この他に必要がある場合に随時招集するものとして、「臨時社員総会」があります。
例えば、定時社員総会以外で役員を追加したい場合には、臨時社員総会を開催して役員の選任決議を行います。

社員総会の開催規定は通常、定款で下記のように定められております。
「総会は、定時総会として毎事業年度終了後3ヶ月以内に1回開催するほか、必要がある場合に開催する」

社員総会では原則、各社員は1人1票の議決権を持っていますが、定款で定めることにより異なる定めをすることも可能です。
※決議する事項の全部につき社員が議決権を行使できない旨の定款の定めは効力を有しません。

社員総会の議事録は、社員総会の日から10年間、主たる事務所に備え付けておく必要があります。

社員総会の招集手続き

社員総会の招集手続きは、理事が日時、場所、目的等を決定して招集します。
招集通知は社員総会の日の1週間前までに、社員に対してその通知を発しなければなりません。(書面または電磁的記録の方法による議決権の行使を認める場合は、社員総会の日の2週間前まで)

社員総会の「普通決議」

社員総会の「普通決議」は、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した社員の議決権の過半数をもって行います。
※定款の定めによって、これと異なる定めをすることも可能です。

社員総会の「特別決議」

社員総会の「特別決議」は、総社員の半数以上が出席し、出席した社員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行います。
※定款の定めによって、これを上回る定めをすることも可能です。

社員総会の決議事項

理事会を設置していない一般社団法人の場合

・一般社団法人法に規定されている事項
・一般社団法人の組織および運営管理その他一般社団法人に関する一切の事項

理事会を設置している一般社団法人に場合

・一般社団法人法に規定されている事項
・定款で定めた事項
 

一般社団法人の設立に関する不明点・疑問点等、お気軽にご相談ください。

-お役立ち情報

Copyright© 一般社団法人設立パートナーズ兵庫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.