一般社団法人設立パートナーズ兵庫

兵庫県、大阪府の一般社団法人設立は起業支援・法人設立専門の当事務所がサポートさせていただきます

お役立ち情報

任意団体の法人化

投稿日:

任意団体とは

法人格のある株式会社等の「営利法人」、一般社団法人等の「非営利法人」の他に町内会・サークル・ボランティア団体等の法人格の無い「任意団体」というものが存在します。
この任意団体は、法律上「権利能力なき社団」と呼ばれているものです。「任意団体」とはその名の通り、任意の団体であり、法人格がありません。
そのため、任意団体として運営をしていく上ではさまざまなデメリットがあります。

任意団体のデメリット

任意団体の運営におけるデメリットは以下の通りとなります。

1.権利の主体となることができない

法人格がないため、権利の主体となることができず、権利義務関係が不明確である。

2.社会的な信用が低い

団体による運営、取引において相手方からの信用が得られない。

3.補助金や助成金を受けることができない

補助金や助成金を受ける要件として、法人であることが条件となっていることがある。

任意団体の法人化

上記のように任意団体のままでは、運営上支障があるため、法人格を取得をする場合に近年多く活用されているのが「一般社団法人」です。
ボランティア団体等の非営利活動を行う場合、かつてはNPO法人が設立される場合が多くなっておりましたが、平成20年度の制度改革により一般社団法人の設立要件が緩和されたことにより、NPO法人より運営負担が少なく、簡易に設立が可能な一般社団法人を選択される方が増えてきております。

一般社団法人設立によるメリット

任意団体より一般社団法人を設立した場合のメリットは以下の通りとなります。

・権利の主体となることができ、権利義務関係が明確となる
・社会的な信用が得られる
・補助金や助成金を受けれる場合がある
・団体の継続性が高まる
・税制の優遇措置を受けれる場合がある

近年NPO法人より一般社団法人が活用されている理由

一般社団法人がNPO法人より多く活用されてきた理由は以下の通りとなります。

・設立手続きに時間がかからない
・社員、役員が少人数で設立ができる
・所轄庁への報告義務がない
・活動目的に制限がない
・運営負担が少ない

 

一般社団法人の設立に関する不明点・疑問点等、お気軽にご相談ください。

-お役立ち情報

Copyright© 一般社団法人設立パートナーズ兵庫 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.